ソープランドのお店では、可処分所得の減少のおかげで、年々来店する男性のお客様が減少傾向です。お店の前に立って、若い男性の通行人になかなか声掛けをしたとしても、単価が高価なためにお店に入ってくれない傾向です。従って、お店同士で価格競争が激化している事が現状です。
お客様を一人でも多く獲得するために、最近のソープランドにおいては、総額より大きく割引をしているイベントを開催している傾向です。インターネットでソープランドのお店の概要を見てみると、新人の女の子を遊ぶ時に割引のサービスを行っているお店が多くなりました。また、平日の昼間のみの総額の料金を割引するサービスの掲載が目立ちます。
基本的に総額で3万円の料金がかかるお店の多くは、平日の来店などの条件さえ満たせば、少なくとも7千円も割引できるサービスを受けられることが特徴です。日本が長期的な景気の低迷と急な物価高の影響で、遊びに使えるお金が少なくなっている事で、大阪のミナミや福原の風俗店同士の価格競争は今後も激化する傾向です。お店によっては、価格の割引だけではなくてサービス券などを発行して、さらに安く風俗店を利用できる所が多いです。サラリーマンの実質の賃金が上がらない限りは、価格競争は続く見込みです。
大阪で夜の時間を楽しみたい女性はミナミホストへ行ってみたら良いと思います。イケメンとの非現実的な時間を過ごせるので日々の疲れを忘れさせてくれますよ。ミナミでホスト遊びを堪能するならグループMのホストクラブが一押しです。